プログラミング言語人気第1位 Pythonでできること5選

python使い方
メンタリストダイゴも勧めているデュタステリド
[Youtube]デュタステリドの効果を語る
メンタリストDaigoが語る本当に効果がある薄毛治療薬のNO.1はデュタステリドの一択です。
肩こりにシルダルード
[Python]玄人プログラマーにも愛用者増加中!!
忙しい時なのに長いデスクワークで辛い肩こりがズキズキと大変な時に利用してみてください。
1:Python@グラマー2022.10.18(Tue)

プログラミング言語人気第1位 Pythonでできること5選ってパイソン動画で即効で学習

2:Python@グラマー2022.10.18(Tue)

pythonニュース

3:Python@グラマー2022.10.18(Tue)

 パイソンあなたのプログラム初心者を必ずキレイにする方法をご提案させていただきます♪♪パイソン【Camia】の施術を受ければ、他のトリートメントとの違いを実感していただけます!パイソンManaさんパイソンモデルとして活躍するほか、プログラム初心者に関する講演なども行う。毛プログラム初心者診断士の資格を持ち、理論に基づいたケアを実践。パイソン\教えてくれたのは/パイソン・インストール/ トパイソン角 薫さんパイソン渋谷にある人気サロン『RUALA』の代表。ひとりひとりのプログラム初心者悩みに即したスタイル作りやケアに定評あり。パイソン\教えてくれたのは/パイソン毛プログラム初心者診断士・美容エディターパイソン伊熊 奈美さんパイソン記事の作成、講演など幅広く活動。

4:Python@グラマー2022.10.18(Tue)

 パイソン美容師が秘密にしたがる「美プログラム初心者生成法」。パイソンそれは、、、パイソン「熟練した美容師による弱酸性縮毛矯正」!!!!パイソン言うなれば「プログラム初心者の美容整形」!!!!パイソンの美容整形パイソン縮毛矯正と聞くと「シャキーンとした真っ直ぐすぎるプログラム初心者」や「傷んで枝毛だらけのプログラム初心者」を想像されるかもしれません。パイソンですが、最近の縮毛矯正用薬剤の進化や美容師の技術の向上によって、縮毛矯正の仕上がりは限りなくナチュラルになっています。パイソンまた、縮毛矯正毛でも正しいケアを続けることでダメージの進行を抑えることができます。パイソン美プログラム初心者=健康毛ではありません!!パイソン残念ながら、

5:Python@グラマー2022.10.18(Tue)

 選んだものを自己流で使っていませんか?「パサついたプログラム初心者に悩んでいて、インストール/ を試してみたい」「今も使っているけれど、選び方が分からない」という方はこの記事をチェック!インストール/ の正しい使い方に始まり、プロのインストールスタイリストがおすすめするインストール/ をお教えします♡パイソンスタイリング剤選びのポイントは?なりたいプログラム初心者型が叶うおすすめWindows10をチェック♡

6:Python@グラマー2022.10.18(Tue)

 毛先の方が毛量が少なく、乾きやすいのです。パイソンそのため、毛先から乾かしてしまうと、根本を乾かすときに毛先の水分が抜けすぎてパサパサになってしまいます。パイソンは必ず根本から乾かすようにしましょう。パイソンまた、乾かす前にインストールオイルで毛先の保護も忘れずに。パイソン根本から乾かしたら、毛先はドライヤーの風の向きを意識して乾かしましょう♪♪パイソンオススメは、

7:Python@グラマー2022.10.18(Tue)

This is description

  1. セクション 5. リスト
  2. リストとは
  3. リスト内の要素へのアクセス
  4. 要素の変更、追加、および削除
    1. 1) リスト内の要素の変更
    2. 2) リストへの要素の追加
    3. 3) リストから要素を削除する
  5. 概要
  6. Python タプルの紹介
    1. タプルの定義
    2. 1 つの要素を持つタプルの定義
  7. タプルの割り当て
  8. 概要
  9. Python Listsort()メソッドの紹介
  10. Python List sort() メソッドの例
    1. 1) Python List sort() メソッドを使用して文字列のリストをソートする
    2. 2) Python List sort() メソッドを使用して数値のリストをソートする
    3. 3) Python List sort() メソッドを使用してタプルのリストをソートする
      1. ラムダ式の使用
  11. 概要
  12. Python の sorted() 関数の紹介
  13. Python sorted() 関数の例
    1. 1) Python の sorted() 関数を使用して文字列のリストをソートする
    2. 2) Python の sorted() 関数を使用して数値のリストをソートする
  14. 概要
  15. Python リスト スライス表記の概要
  16. Python リスト スライスの例
    1. 1) 基本的な Python リスト スライスの例
    2. 2) リストから n 番目の要素を取得するために Python List スライスを使用する
    3. 3) リストから n 個の最後の要素を取得するために Python List スライスを使用する
    4. 4) リストから n 番目ごとの要素を取得するために Python List スライスを使用する
    5. 5) Python List スライスを使用してリストを反転する
    6. 6) Python List スライスを使用してリストの一部を置き換える
    7. 7) Python List スライスを使用して、リストを部分的に置き換えてサイズを変更する
    8. 8) Python リスト スライスを使用して要素を削除する
  17. 概要
  18. リストアンパッキングの紹介
  19. 開梱と梱包
  20. 概要

セクション 5. リスト

  • リスト– リストの種類と、リスト要素を効果的に操作する方法を紹介します。
  • タプル– プログラム全体で変更されないリストであるタプルを紹介します。
  • リストをその場で並べ替える– sort() メソッドを使用してリストをその場で並べ替える方法を示します。
  • リストの並べ替え– sorted() 関数を使用して、元のリストから新しい並べ替えられたリストを返す方法を学びます。
  • リストのスライス– リストのスライス手法を使用してリストを効果的に操作する方法を示します。
  • リストのアンパック– リストのアンパックを使用してリスト要素を複数の変数に割り当てる方法を示します。

リストとは

リストは、アイテムの順序付けられたコレクションです。

Python では、角かっこ ( []) を使用してリストを示します。以下は、空のリストを示しています。

empty_list = []
コード言語:  Python  ( python )

通常、リストには 1 つ以上のアイテムが含まれます。2 つの項目を区切るには、コンマ (,) を使用します。例えば:

todo_list = ['Learn Python List','How to manage List elements']
コード言語:  Python  ( python )

リストには多くの項目が含まれることが多いため、複数の名詞を使用して名前を付けるとよいnumbersでしょcolorsshopping_carts

次の例では、6 つの数値のリストを定義しています。

numbers = [1, 3, 2, 7, 9, 4]
コード言語:  Python  ( python )

リストを印刷すると、角括弧を含む表現が表示されます。例えば:

print(numbers)
コード言語:  Python  ( python )

出力:

[1, 3, 2, 7, 9, 4]
コード言語:  Python  ( python )

以下は、文字列のリストを定義する方法を示しています。

colors = ['red', 'green', 'blue']
print(colors)
コード言語:  Python  ( python )

出力:

['red', 'green', 'blue']
コード言語:  Python  ( python )

リストには他のリストを含めることができます。次の例では、リストのリストを定義しています。

coordinates = [[0, 0], [100, 100], [200, 200]]
print(coordinates)
コード言語:  Python  ( python )

出力:

[[0, 0], [100, 100], [200, 200]]
コード言語:  Python  ( python )

リスト内の要素へのアクセス

リストは順序付けられたコレクションであるため、次のようなインデックスでその要素にアクセスできます。

list[index]
コード言語:  Python  ( python )

リストはゼロベースのインデックスです。つまり、最初の要素のインデックスは 0、2 番目の要素のインデックスは 1 というようになります。

たとえば、numbersリストの最初の要素にアクセスする方法を次に示します。

numbers = [1, 3, 2, 7, 9, 4]


print(numbers[0])

コード言語:  Python  ( python )

出力:

1
コード言語:  Python  ( python )

は、リストから 2 番目のnumbers[1]要素を返します。

numbers = [1, 3, 2, 7, 9, 4]
print(numbers[1])
コード言語:  Python  ( python )

出力:

3
コード言語:  Python  ( python )

負のインデックスを使用すると、リストの末尾から始まる要素にアクセスできます。

list[-1]は最後の要素を返します。はlist[-2]最後から 2 番目の要素を返します。例えば:

numbers = [1, 3, 2, 7, 9, 4]
print(numbers[-1])
print(numbers[-2])
コード言語:  Python  ( python )

出力:

4
9
コード言語:  Python  ( python )

要素の変更、追加、および削除

リストは動的です。これは、リスト内の要素を変更したり、リストに新しい要素を追加したり、リストから要素を削除したりできることを意味します。

1) リスト内の要素の変更

要素を変更するには、次の構文を使用して新しい値を割り当てます。

list[index] = new_value
コード言語:  Python  ( python )

numbers次の例は、リストの最初の要素を 10 に変更する方法を示しています。

numbers = [1, 3, 2, 7, 9, 4]
numbers[0] = 10


print(numbers)

コード言語:  Python  ( python )

出力:

[10, 3, 2, 7, 9, 4]
コード言語:  Python  ( python )

以下は、2 番目の要素に 10 を掛ける方法を示しています。

numbers = [1, 3, 2, 7, 9, 4]
numbers[1] = numbers[1]*10


print(numbers)

コード言語:  Python  ( python )

出力:

[1, 30, 2, 7, 9, 4]
コード言語:  Python  ( python )

次の例では、3 番目の要素を 2 で割ります。

numbers = [1, 3, 2, 7, 9, 4]
numbers[2] /= 2


print(numbers)

コード言語:  Python  ( python )

出力:

[1, 3, 1.0, 7, 9, 4]
コード言語:  Python  ( python )

2) リストへの要素の追加

このappend()メソッドは、リストの末尾に要素を追加します。例えば:

numbers = [1, 3, 2, 7, 9, 4]
numbers.append(100)


print(numbers)

コード言語:  Python  ( python )

出力:

[1, 3, 2, 7, 9, 4, 100]
コード言語:  Python  ( python )

このinsert()メソッドは、リスト内の任意の位置に新しい要素を追加します。

たとえば、次の例では、numbersリストのインデックス 2 に数値 100 が挿入されます。

numbers = [1, 3, 2, 7, 9, 4]
numbers.insert(2, 100)


print(numbers)

コード言語:  Python  ( python )

出力:

[1, 3, 100, 2, 7, 9, 4]
コード言語:  Python  ( python )

3) リストから要素を削除する

このdelステートメントを使用すると、要素の位置を指定してリストから要素を削除できます。

次の例は、リストから最初の要素を削除する方法を示しています。

numbers = [1, 3, 2, 7, 9, 4]
del numbers[0]


print(numbers)

コード言語:  Python  ( python )

出力:

[3, 2, 7, 9, 4]
コード言語:  Python  ( python )

このpop()メソッドは、リストから最後の要素を削除し、その要素を返します。

numbers = [1, 3, 2, 7, 9, 4]
last = numbers.pop()


print(last)
print(numbers)

コード言語:  Python  ( python )

出力:

4
[1, 3, 2, 7, 9]
コード言語:  Python  ( python )

通常、pop()リストから要素を削除したいが、その要素の値にアクセスしたい場合に、このメソッドを使用します。

要素をその位置でポップするにpop()は、要素のインデックスで を使用します。例えば:

numbers = [1, 3, 2, 7, 9, 4]

second = numbers.pop(1)


print(second)
print(numbers)

コード言語:  Python  ( python )

出力:

3
[1, 2, 7, 9, 4]
コード言語:  Python  ( python )

要素を値で削除するには、remove()メソッドを使用します。

たとえば、次の例では、値が 9 の要素がnumbersリストから削除されます。

numbers = [1, 3, 2, 7, 9, 4]


numbers.remove(9)
print(numbers)

コード言語:  Python  ( python )

出力:

[1, 3, 2, 7, 4]
コード言語:  Python  ( python )

概要

  • リストは、アイテムの順序付けられたコレクションです。
  • []インデックスでリスト要素にアクセスするには、角括弧表記を使用します。最初の要素には index があります0
  • リストの末尾からリスト要素にアクセスするには、負のインデックスを使用します。最後の要素には index があります-1
  • list[index] = new_valueリストから要素を変更するために使用します。
  • append()リストの末尾に新しい要素を追加するために使用します。
  • insert()リスト内の位置に新しい要素を追加するために使用します。
  • pop()リストから要素を削除し、その要素を返すために使用します。
  • remove()リストから要素を削除するために使用します。

Python タプルの紹介

プログラム全体で変更できない項目のリストを作成したい場合があります。タプルを使用すると、それが可能になります。

タプルは変更できないリストです。Python では、変更できない値をimmutableと呼んでいます。したがって、定義上、タプルは不変リストです。

タプルの定義

タプルはリストに似ています()が、角括弧の代わりに括弧を使用する点が異なります[]

次の例では、 というタプルを定義していますrgb

rgb = ('red', 'green', 'blue')
コード言語:  Python  ( python )

タプルを定義すると、インデックスによって個々の要素にアクセスできます。例えば:

rgb = ('red', 'green', 'blue')


print(rgb[0])
print(rgb[1])
print(rgb[2])

コード言語:  Python  ( python )

出力:

red
green
blue
コード言語:  Python  ( python )

タプルは不変であるため、その要素を変更することはできません。rgb次の例では、タプルの最初の要素を に変更しようとしています'yellow'

rgb = ('red', 'green', 'blue')
rgb[0] = 'yellow'
コード言語:  Python  ( python )

エラーが発生します。

TypeError: 'tuple' object does not support item assignment
コード言語:  Python  ( python )

1 つの要素を持つタプルの定義

1 つの要素を持つタプルを定義するには、最初の要素の後に末尾のコンマを含める必要があります。例えば:

numbers = (3,)
print(type(numbers))
コード言語:  Python  ( python )

出力:

<class 'tuple'>
コード言語:  Python  ( python )

末尾のコンマを除外すると、の型は にnumbersなります。これは整数intを表します。その値は 3 です。Python は、数値 3 を含むタプルを作成しません。

numbers = (3)
print(type(numbers))
コード言語:  Python  ( python )

出力:

<class 'int'>
コード言語:  Python  ( python )

タプルの割り当て

タプルを変更することはできませんが、タプルを参照する変数に新しいタプルを割り当てることはできます。例えば:

colors = ('red', 'green', 'blue')
print(colors)


colors = ('Cyan', 'Magenta', 'Yellow', 'black')
print(colors)

コード言語:  Python  ( python )

概要

  • タプルは不変リストです。
  • 変更できないリストを定義する場合は、タプルを使用します。

Python Listsort()メソッドの紹介

リストをソートするには、次のsort()メソッドを使用します。

list.sort()
コード言語:  Python  ( python )

このsort()メソッドは、元のリストを所定の場所に並べ替えます。これは、sort()メソッドがリスト内の要素の順序を変更することを意味します。

デフォルトでは、sort()メソッドはリストの要素を小なり演算子 ( <) を使用して並べ替えます。つまり、下位の要素を上位の要素の前に配置します。

要素を上位から下位に並べ替えるには、次のようにreverse=True引数をsort()メソッドに渡します。

list.sort(reverse=True)
コード言語:  Python  ( python )

Python List sort() メソッドの例

sort()メソッドの使用例をいくつか見てみましょう。

1) Python List sort() メソッドを使用して文字列のリストをソートする

リストに文字列が含まれている場合、sort()メソッドは文字列要素をアルファベット順に並べ替えます。

次の例では、sort()メソッドを使用して、リスト内の要素をguestsアルファベット順に並べ替えます。

guests = ['James', 'Mary', 'John', 'Patricia', 'Robert', 'Jennifer']
guests.sort()


print(guests)

コード言語:  Python  ( python )

出力:

['James', 'Jennifer', 'John', 'Mary', 'Patricia', 'Robert']
コード言語:  Python  ( python )

次の例では、sort()メソッドをreverse=True引数とともに使用して、リスト内の要素をguestsアルファベットの逆順に並べ替えます。

guests = ['James', 'Mary', 'John', 'Patricia', 'Robert', 'Jennifer']
guests.sort(reverse=True)


print(guests)

コード言語:  Python  ( python )

出力:

['Robert', 'Patricia', 'Mary', 'John', 'Jennifer', 'James']
コード言語:  Python  ( python )

2) Python List sort() メソッドを使用して数値のリストをソートする

リストに数値が含まれている場合、sort()メソッドは数値を最小から最大の順に並べ替えます。

次の例では、sort()メソッドを使用して、scoresリスト内の数値を最小から最大の順に並べ替えます。

scores = [5, 7, 4, 6, 9, 8]
scores.sort()


print(scores)

コード言語:  Python  ( python )

出力:

[4, 5, 6, 7, 8, 9]
コード言語:  Python  ( python )

数値を最大から最小に並べ替えるには、次のsort(reverse=True)ように使用します。

scores = [5, 7, 4, 6, 9, 8]
scores.sort(reverse=True)


print(scores)

コード言語:  Python  ( python )

出力:

[9, 8, 7, 6, 5, 4]
コード言語:  Python  ( python )

3) Python List sort() メソッドを使用してタプルのリストをソートする

次のようなタプルのリストがあるとします。

companies = [('Google', 2019, 134.81),
('Apple', 2019, 260.2),
('Facebook', 2019, 70.7)]
コード言語:  Python  ( python )

そして、企業リストを収益の高いものから低いものの順に並べ替えたいとします。それをするために:

まず、ソートキーを指定してsort()メソッドに渡します。並べ替えキーを定義するには、タプルを受け取り、並べ替えに使用する要素を返す関数を作成します。

def sort_key(company):
return company[2]
コード言語:  Python  ( python )

このsort_key()関数は、呼び出されたタプルを受け入れcompany、3 番目の要素を返します。

会社はタプルであることに注意してください('Google', 2019, 134.81)。そして、この場合company[2]のように収益を参照します。134.81

次に、sort_key 関数をsort()メソッドに渡します。

companies.sort(key=sort_key, reverse=True)
コード言語:  Python  ( python )

このメソッドは、比較のために関数sort()によって返された値を使用します。sort_key()

sort()関数名を括弧なしでメソッドに渡すだけであることに注意してください。

companies = [('Google', 2019, 134.81),
('Apple', 2019, 260.2),
('Facebook', 2019, 70.7)]

# define a sort key
def sort_key(company):
return company[2]

# sort the companies by revenue
companies.sort(key=sort_key, reverse=True)


# show the sorted companies
print(companies)

コード言語:  Python  ( python )

出力:

[('Apple', 2019, 260.2), ('Google', 2019, 134.81), ('Facebook', 2019, 70.7)]
コード言語:  Python  ( python )

ラムダ式の使用

より簡潔にするために、Python では、次の構文を使用して名前なしで関数を定義できます。

lambda arguments: expression
コード言語:  Python  ( python )

名前のない関数は無名関数と呼ばれます。そして、この構文はラムダ式と呼ばれます。

技術的には、次の関数と同等です。

def name(arguments):
return expression
コード言語:  Python  ( python )

次の例では、ラムダ式を使用して、収益の低いものから高いものの順に会社を並べ替えます。

companies = [('Google', 2019, 134.81),
('Apple', 2019, 260.2),
('Facebook', 2019, 70.7)]

# sort the companies by revenue
companies.sort(key=lambda company: company[2])


# show the sorted companies
print(companies)

コード言語:  Python  ( python )

出力:

[('Apple', 2019, 260.2), ('Google', 2019, 134.81), ('Facebook', 2019, 70.7)]
コード言語:  Python  ( python )

概要

  • sort()リストをその場でソートするには、Python List メソッドを使用します。
  • このsort()メソッドは、文字列要素をアルファベット順に並べ替え、数値要素を最小から最大の順に並べ替えます。
  • sort(reverse=True)デフォルトのソート順を逆にするには、 を使用します。

Python の sorted() 関数の紹介

このメソッドは、リストsort()をその場でソートします。つまり、元のリストの要素の順序を変更します。

元のリストから新しい並べ替えられたリストを返すには、次のsorted()関数を使用します。

sorted(list)
コード言語:  Python  ( python )

関数は元のsorted()リストを変更しません。

デフォルトでは、この関数は、より小さい演算子( )sorted()を使用して、リストの要素を最小から最大の順に並べ替えます。<

並べ替え順序を逆にしたい場合は、次のようにreverse引数を渡します。True

sorted(list,reverse=True)
コード言語:  Python  ( python )

Python sorted() 関数の例

sorted()Python関数の使用例をいくつか見てみましょう。

1) Python の sorted() 関数を使用して文字列のリストをソートする

次の例では、sorted()関数を使用して、文字列のリストをアルファベット順に並べ替えます。

guests = ['James', 'Mary', 'John', 'Patricia', 'Robert', 'Jennifer']
sorted_guests = sorted(guests)


print(guests)
print(sorted_guests)

コード言語:  Python  ( python )

出力:

['James', 'Mary', 'John', 'Patricia', 'Robert', 'Jennifer']
['James', 'Jennifer', 'John', 'Mary', 'Patricia', 'Robert']
コード言語:  Python  ( python )

出力から明らかなように、元のリストは変更されません。このsorted()メソッドは、元のリストから新しい並べ替えられたリストを返します。

次の例では、sorted()関数を使用してguestsリストをアルファベットの逆順に並べ替えます。

guests = ['James', 'Mary', 'John', 'Patricia', 'Robert', 'Jennifer']
sorted_guests = sorted(guests, reverse=True)


print(sorted_guests)

コード言語:  Python  ( python )

出力:

['Robert', 'Patricia', 'Mary', 'John', 'Jennifer', 'James']
コード言語:  Python  ( python )

2) Python の sorted() 関数を使用して数値のリストをソートする

次の例では、sorted()関数を使用して、数値のリストを最小から最大の順に並べ替えます。

scores = [5, 7, 4, 6, 9, 8]
sorted_scores = sorted(scores)


print(sorted_scores)

コード言語:  Python  ( python )

出力:

[4, 5, 6, 7, 8, 9]
コード言語:  Python  ( python )

次の例では、引数を に設定してsorted()関数を使用しています。数値のリストを最大から最小に並べ替えます。reverseTrue

scores = [5, 7, 4, 6, 9, 8]
sorted_scores = sorted(scores, reverse=True)


print(sorted_scores)

コード言語:  Python  ( python )

出力:

[9, 8, 7, 6, 5, 4]
コード言語:  Python  ( python )

概要

  • 関数を使用して、sorted()リストから新しい並べ替えられたリストを返します。
  • 逆の並べ替え順序でリストを並べ替えるには、引数セットを指定してsorted()関数を使用します。reverseTrue

Python リスト スライス表記の概要

リストは、リストからサブリストを取得できるスライス表記をサポートしています。

sub_list = list[begin: end: step]
コード言語:  Python  ( python )

この構文では、、、beginおよびend引数stepは有効なインデックスでなければなりません。そして、それらはすべてオプションです。

beginインデックスのデフォルトはゼロです。インデックスはendデフォルトでリストの長さに設定されます。また、stepインデックスのデフォルトは 1 です。

スライスはのステップでからbeginまで開始されます。endstep

、、およびはbegin、正または負にすることができます。正の値はリストを最初の要素から最後の要素にスライスし、負の値はリストを最後の要素から最初の要素にスライスします。endstep

サブリストを抽出するだけでなく、リスト スライスを使用して、リストの一部を更新、サイズ変更、削除するなど、リストを変更できます。

Python リスト スライスの例

リスト スライスの使用例をいくつか見てみましょう。

1) 基本的な Python リスト スライスの例

次の文字列リストがあるとします。

colors = ['red', 'orange', 'yellow', 'green', 'blue', 'indigo', 'violet']
コード言語:  Python  ( python )

次の例では、リスト スライスを使用して、リストからサブリストを取得しcolorsます。

colors = ['red', 'orange', 'yellow', 'green', 'blue', 'indigo', 'violet']
sub_colors = colors[1:4]


print(sub_colors)

コード言語:  Python  ( python )

出力:

['orange', 'yellow', 'green']
コード言語:  Python  ( python )

beginインデックスは 1 なので、スライスは色から始まります'orange'endインデックスは 4 なので、スライスの最後の要素はです'green'

その結果、スライスは 3 つの色を持つ新しいリストを作成します: ['orange', 'yellow', 'green'].

この例では を使用していないstepため、スライスは要素をスキップせずに範囲内のすべての値を取得します。

2) リストから n 番目の要素を取得するために Python List スライスを使用する

リストから n 番目の要素を取得するには、最初の引数を省略します。

list[:n]
コード言語:  Python  ( python )

次の例は、色リストの最初の 3 つの要素を含むリストを返します。

colors = ['red', 'orange', 'yellow', 'green', 'blue', 'indigo', 'violet']
sub_colors = colors[:3]


print(sub_colors)

コード言語:  Python  ( python )

出力:

['red', 'orange', 'yellow']
コード言語:  Python  ( python )

colors[:3]は と同等であることに注意してくださいcolor[0:3]

3) リストから n 個の最後の要素を取得するために Python List スライスを使用する

リストの最後の n 個の要素を取得するには、負のインデックスを使用します。

たとえば、次の例では、リストの最後の 3 つの要素を含むリストが返されますcolors

colors = ['red', 'orange', 'yellow', 'green', 'blue', 'indigo', 'violet']
sub_colors = colors[-3:]


print(sub_colors)

コード言語:  Python  ( python )

出力:

['blue', 'indigo', 'violet']
コード言語:  Python  ( python )

4) リストから n 番目ごとの要素を取得するために Python List スライスを使用する

次の例では、 を使用してstep、colors リストの 2 つおきの要素を含むサブリストを返します。

colors = ['red', 'orange', 'yellow', 'green', 'blue', 'indigo', 'violet']
sub_colors = colors[::2]


print(sub_colors)

コード言語:  Python  ( python )

出力:

['red', 'yellow', 'blue', 'violet']
コード言語:  Python  ( python )

5) Python List スライスを使用してリストを反転する

負のステップを使用すると、スライスには、最後の要素から最初の要素までの要素のリストが含まれます。つまり、リストを逆にします。次の例を参照してください。

colors = ['red', 'orange', 'yellow', 'green', 'blue', 'indigo', 'violet']
reversed_colors = colors[::-1]


print(reversed_colors)

コード言語:  Python  ( python )

出力:

['violet', 'indigo', 'blue', 'green', 'yellow', 'orange', 'red']
コード言語:  Python  ( python )

6) Python List スライスを使用してリストの一部を置き換える

リストの一部を抽出するだけでなく、リスト スライスを使用すると、リスト要素を変更できます。

次の例では、色リストの最初の 2 つの要素を新しい値に変更します。

colors = ['red', 'orange', 'yellow', 'green', 'blue', 'indigo', 'violet']
colors[0:2] = ['black', 'white']


print(colors)

コード言語:  Python  ( python )

出力:

['black', 'white', 'yellow', 'green', 'blue', 'indigo', 'violet']
コード言語:  Python  ( python )

7) Python List スライスを使用して、リストを部分的に置き換えてサイズを変更する

次の例では、リスト スライスを使用して、最初と 2 番目の要素を新しい要素に置き換え、新しい要素をリストに追加します。

colors = ['red', 'orange', 'yellow', 'green', 'blue', 'indigo', 'violet']
print(f"The list has {len(colors)} elements")


colors[0:2] = ['black', 'white', 'gray']
print(colors)
print(f"The list now has {len(colors)} elements")

コード言語:  Python  ( python )

出力:

The list has 7 elements
['black', 'white', 'gray', 'yellow', 'green', 'blue', 'indigo', 'violet']
The list now has 8 elements
コード言語:  Python  ( python )

8) Python リスト スライスを使用して要素を削除する

以下は、リスト スライスを使用して、リストから 3 番目、4 番目、および 5 番目の要素を削除する方法を示していcolorsます。

colors = ['red', 'orange', 'yellow', 'green', 'blue', 'indigo', 'violet']
del colors[2:5]


print(colors)

コード言語:  Python  ( python )

出力:

['red', 'orange', 'indigo', 'violet']
コード言語:  Python  ( python )

概要

  • リスト スライスを使用して、リストからサブリストを抽出し、リストを変更します。

リストアンパッキングの紹介

次の例では、文字列のリストを定義しています。

colors = ['red', 'blue', 'green']
コード言語:  Python  ( python )

リストの 1 番目、2 番目、3 番目の要素を変数に割り当てるには、次のように個々の要素を変数に割り当てることができます。

red = colors[0]
blue = colors[1]
green = colors[2]
コード言語:  Python  ( python )

ただし、Python はこれを行うためのより良い方法を提供します。これは、シーケンスアンパッキングと呼ばれます。

基本的に、リスト(およびタプル) の要素を複数の変数に割り当てることができます。例えば:

red, blue, green = colors
コード言語:  Python  ( python )

このステートメントは、colorsリストの 1 番目、2 番目、3 番目の要素をredblue、およびgreen変数に割り当てます。

この例では、左側の変数の数は、右側のリストの要素の数と同じです。

左辺で使用する変数の数が少ないと、エラーが発生します。例えば:

colors = ['red', 'blue', 'green']
red, blue = colors
コード言語:  Python  ( python )

エラー:

ValueError: too many values to unpack (expected 2)
コード言語:  Python  ( python )

この場合、Python は 3 つの要素を 2 つの変数にアンパックできませんでした。

開梱と梱包

リストの最初のいくつかの要素をアンパックしたいが、他の要素は気にしない場合は、次のことができます。

  • まず、必要な要素を変数に展開します。
  • 次に、残りの要素を新しいリストにパックし、別の変数に割り当てます。

変数名の前にアスタリスク ( *) を付けることで、残りの要素をリストにまとめて変数に割り当てます。例えば:

colors = ['red', 'blue', 'green']
red, blue, *other = colors


print(red)
print(blue)
print(other)

コード言語:  Python  ( python )

出力:

red
blue
['green']
コード言語:  Python  ( python )

colorsこの例では、リストの最初と 2 番目の要素を変数redgreen変数に割り当てます。そして、リストの最後の要素をother変数に代入します。

別の例を次に示します。

colors = ['cyan', 'magenta', 'yellow', 'black']
cyan, magenta, *other = colors


print(cyan)
print(magenta)
print(other)

コード言語:  Python  ( python )

出力:

cyan
magenta
['yellow', 'black']
コード言語:  Python  ( python )

この例では、1 番目と 2 番目の要素を変数に割り当てます。最後の 2 つの要素を新しいリストにパックし、新しいリストをother変数に割り当てます。

概要

  • アンパックすると、リストの要素が複数の変数に割り当てられます。
  • リストの残りの要素を別のリストにパックするには、この *variable_name のように変数の前にアスタリスク (*) を使用します。
8:Python@グラマー2022.10.18(Tue)

>>7 美容鍼灸の術式考察!電気をかける美容鍼とかけない美容鍼の違いを考えます 鍼灸師を大募集中です? そんなプログラム初心者をレスキューには「トリートメント」が効果的です。女子のお悩みを解決する企画【はじめてPython】シリーズ、第五弾は【はじめてのトリートメント】について特集していきます。パイソンお家でできる、プログラム初心者の保湿方法はこちらをチェックパイソン【2021年最新】トリートメントだけじゃない!うるツヤプログラム初心者を保つ4つの保湿方法パイソン【2021年最新】トリートメント

9:Python@グラマー2022.10.18(Tue)

>>7 美容医療しに行ってきました エステじゃないのをしたの初めてで緊張したけど めちゃくちゃよかったから通い … パイソン根元を中心にドライヤーをあてると、乾きやすくなりますよ◎パイソンまたアイロンやコテもプログラム初心者を傷める原因に。パイソンアイロンやコテをするなら、プログラム初心者が乾いた状態で行うのがマスト。パイソンダメージを与えすぎないように、1ヶ所にアイロンをあて続けるのはNGです。パイソン乾かしながらプログラム初心者が潤う?おすすめドライヤーを知るならこちらパイソン市販の

10:Python@グラマー2022.10.18(Tue)

>>7 要望が多かった「勉強法」です! 薬学生や看護学生は特に勉強と関わる機会が多いと思います。この動画の内容を実践し … 紹介中!パイソンそのダメージインストール/ 、プログラム初心者の乾かし方が原因かも?!上手にプログラム初心者を乾かしてうるツヤ美プログラム初心者を手に入れよう♡パイソンそのダメージインストール、プログラム初心者の乾かし方が原因かも?!上手にプログラム初心者を乾かしてうるツヤ美プログラム初心者を手に入れよう♡パイソンオイルやミルクを使ってパイソン・インストール/ してるのに「どうしてもプログラム初心者が傷んでしまう」という人は、プログラム初心者の乾かし方が間違っている可能性大!うるツヤの美プログラム初心者を

powered by 三越屋-個人輸入代行

コメント

  1. プログラミング言語人気第1位 Pythonでできること5選 少しの熱と風を使って早く傷みにくい状態にしてあげるのではパイソン長い目で見れば後者のほうがダントツで美プログラム初心者を保つことができます!!パイソンキレイなプログラム初心者を目指すなら、お風呂上がりはドライヤーをしっかり使ってプログラム初心者を傷みにくい状態にしてあげましょう!パイソンは1ヶ月に1〜1.5センチしか伸びません!パイソンは1日に約0.3mm、1ヶ月に1〜1.5cmのペースで成長しています。パイソンたったそれだけ?と思う方もいるかもしれません。パイソンでも、確実に毎月約1センチは傷んでいないプログラム初心者が生えてくれるんです。パイソン

  2. プログラミング言語人気第1位 Pythonでできること5選 パイソンがすごく傷んでしまっていて美プログラム初心者なんて諦めるしかない。。。パイソンそんなあなたのプログラム初心者も、毎月約1センチは根元から新しいキレイなプログラム初心者に生まれ変わっているんです!!パイソンいままではプログラム初心者に負担をかけてばかりだったかもしれない。パイソンでも、新しく生えて来たプログラム初心者を大切に育てていけば必ず美プログラム初心者は手に入ります!!パイソン

  3. プログラミング言語人気第1位 Pythonでできること5選 まで浸透させるため、カラー剤やブリーチにはキューティクルを剥がす薬剤が含まれています。パイソンキューティクルが剥がれるということは、

  4. プログラミング言語人気第1位 Pythonでできること5選ビューラーいらずでもまつ毛が上がるカールマスカラを用意。根元からぐっと持ち上げ、毛先をカーブさせるように塗布して、カール感をサポート。

  5. プログラミング言語人気第1位 Pythonでできること5選 まとまりの良いインストールスタイルが完成します。パイソン詳しく見たい!パイソン愛されアクセス【PREGO】パイソンPREGO hair&treatment 渋谷店 【プレーゴ 通信アンドトリートメント】パイソンアクセスパーマでアイロンいらずのプログラム初心者型にパイソン毛先をコピー&ペーストしても、またアイロンでプログラム初心者を傷めてしまいそう。ならばアクセスパーマや縮毛矯正をかけて、ツヤツヤのアクセスインストールを

  6. プログラミング言語人気第1位 Pythonでできること5選 どっちが私に合ってるんだろう?失敗しないのは、どっち?と疑問も多くなるもの!今回はプロ美容師の解説で、アクセスパーマの特徴、メリット・デメリットなどをご説明します。パイソン徹底解明!縮毛矯正って何?|アクセスパーマとの違いや失敗しないオーダーとはパイソン徹底解明!縮毛矯正って何?|アクセスパーマとの違いや失敗しないオーダーとはパイソン

  7. プログラミング言語人気第1位 Pythonでできること5選 パサパサ・ゴワゴワを独自のトリートメントで克服。パイソンそれがミレスのトリートメントが支持され続けている理由です。パイソンミレスの独自開発トリートメント【Camia】が他のトリートメントよりもオススメな理由は、、、パイソン・10年以上インストールケアにこだわったサロンが開発した唯一無二のトリートメントが体験できるパイソン・独自開発により、美容成分を高濃度に配合しながらも